So-net無料ブログ作成
レシピブログ ブログトップ
前の10件 | -

「基本のだし」で味わう一汁三菜 体験イベント [レシピブログ]

まさかの雪の中外苑前まで出かけてきました。
出汁イベント.jpg
今日は「基本のだし」で味わう一汁三菜 体験イベント。
11月24日は和食の日、はじめはヤマキさんのプレゼンから。
けずる.jpg
途中、かつお節クイズがあったりして和気あいあいです。
初めて知ったのですが、かつお節消費量全国1位は
沖縄だそう。
なるほど、ソーキそばや、かちゅー湯などかつお節メニューがいっぱいですね。
かつおぶし.jpg
ヤマキさんがネット限定販売しているだしパックの
基本のだし2種類を実際に味比べさせていただき、
出汁飲み比べ.jpg
実際にかつお節を自分たちでも削らせてもらいました。
デモ.jpg
かつおと昆布の合わせ出汁と焼きあごと煮干しの合わせ出汁、
焼きあごの香ばしさは格別でした。
こうして比べてみると味の違いがよくわかります。
りんりん.jpg
第2部では岸田夕子(勇気凛りん)さんが登場して
2品同時にお出汁を使ったお料理デモ。
今日のメニューは「白身魚のかぶら蒸し だしあんかけ」
と「白ねぎと厚揚げのだし卵とじ」

かぶら蒸しは、フライパンに塩ひとつまみで下味をつけた鱈えお並べ、
千切りにしたにんじんとすったかぶを乗せて、出汁少々で蒸し焼きにします。
空いてる所にかぶと銀杏も一緒に入れて弱火で10分。
後で、出汁と薄口醬油で味付けし片栗粉でとろみをつけたあんをかけて、
あんごと一緒にいただきます。

蒸している10分の間に卵とじ。
フライパンで厚揚げを軽く焼き付け、混ぜ合わせておいた
醤油、酒、みりん、はちみつを入れて軽く煮詰め、
一旦厚揚げを取り出してスライスしておく。

斜め切りしたねぎを加えて、その上に厚揚げを戻し入れて、出汁をたして
最後に卵でとじる。とじ方はお好みで半熟もよし、しっかり煮てもよし。
この日はかぶら蒸しがやさしい味なので、副菜として、
卵が味わえるようしっかりめと言うことでした。
出汁試食.jpg
試食の時にはヤマキさん提案の副副菜として
「秋野菜の蒸し浸し」と汁物は「揚げナスのお味噌汁」

揚げナスのお味噌汁、もうちょっとナスに火が通してある方が好みだったかな。

でもどれも出汁がきいたとても美味しいおかずでした。
かぶら蒸しも卵とじも、私はあまり作らなかったのですが、これはおいしい!
早速作ってみようと思います。
でも2.jpg
和食の日にぴったりのお料理でした。

何よりこの出汁パック、3分煮出すだけで出来ちゃうので
手軽なのは本当にありがたいです。


↓参加してます よろしければ、ぽちっとお願いします!

nice!(3)  コメント(2) 

レシピブログアワード2016 [レシピブログ]

レシピブログアワード2016のパーティに参加させていただきました。
場所は青山Green Grass Cafe、レシピブログの外苑前スタジオのすぐ近く。
いつ行ってもオサレな外苑付近。す・て・き♡
くっきーアワード.jpg
パーティだけに素敵なドレスの方やお着物の方もおられて華やかなムードのなか、
寒さガード基本の私、どほほという感じでしたが、時々お会いするあっこさんを発見し
安堵とともに、ソファに座りおしゃべりに花が咲く咲く。
びゅふぇ.jpg
くし.jpg
ウェルカムドリンクではワインやカクテルのおもてなしもあり、
ビュッフェでの軽食もいただきいよいよレシピブログアワードの発表!
様々な部門で受賞された方々の表彰がありました。
受賞されたみなさま、おめでとうございます!
コンスタントにブログを書いていくってとても大変なことだと思うので
本当に素晴らしいなあと思います。
たっきー.jpg
お弁当部門は連続受賞のたっきーママさん。
受賞.jpg
お弁当母の鏡!これからも参考にさせて頂きます。

その後、様々な商品が当たるコーナーでもおおいに盛り上がり、
最後は全員で記念写真でお開きになりました。

お土産にこんな素敵な商品を頂きました。
500ぷれ.jpg
早速使わせていただきます!

↓参加してます よろしければ、ぽちっとお願いします!

nice!(4)  コメント(0) 

ふっくらごはん×かめ代さんの絶品おかずイベント [レシピブログ]

銘柄ごとにぴったり水量で炊き分け♪
「ふっくらごはん×かめ代さんの絶品おかず」イベントに行ってきました。

会場のテーブルに置いてある炊飯器、なんとアイリスオーヤマで作ったもの。
アイリスオーヤマで炊飯器なんてあるんだ、とまず驚き、
軽いのかしら?とハンドルを持ってみて、

!!!!!!

何とIH調理器が現れた!
とれジャー.jpg
ご飯を炊くおひつ部分が取り外せるというびっくりなシロモノでした。
もともとアイリスオーヤマは仙台の会社で2011年の震災で被害を受けた
農家の現実を受け、東北のお米を全国の人達に食べていただきたいと
事業を拡大していき、今回の銘柄量り炊きIH炊飯器の開発となったそうです。

アイリスオーヤマの商品は「なるほど家電」
今回の炊飯器もへえ〜なるほどと思える商品。
ご飯を量るときの1合も人によって随分誤差が出る事により、
炊きあがりにムラが出てしまうのを防ぐ為に、
お米の量、水の量を量ってくれる機能がついています。
なのでお米をいきなり内釜に入れて量っていくことも可能。
しかもお米の種類によって微妙に計算されているこだわり。

既にプログラムされているお米の合数にあわせて水の量も
○合だったら△グラムの水です!と
プログラムされて表示に出ているので
お米をセットして水を入れていくと
規定量になった時にピピっとお知らせしてくれます。

確かにお米も水もグラム単位で計量したら美味しい炊きあがりに
なりますね。
途中でご飯の炊き方による味の違いを感じる為の試食もあり、
まさしくなるほどな〜と実感。
たきわけ.jpg
後半で登場したかめ代さん
かめよ.jpg
ご飯にあうおかずを作って下さいました。
鶏ごぼうの甘辛 柚子胡椒風味と
れんこんとひじきの梅味噌ソフトふりかけ
試食こめ.jpg
どちらもお弁当にいれても美味しい、ごはんにぴったりのおかずでした。
テーブル.jpg
かめ代さん、炊飯器とのテーブルコーディネートもして下さり、
こんな風な工夫をいつもの食卓に少しでも取り入れていけるといいなあ
と感じました。素敵だな〜

ふっくらごはん×かめ代さんの絶品おかずイベントレポート
ふっくらごはん×かめ代さんの絶品おかずイベントレポート

nice!(2)  コメント(0) 

スパイスイベントに行ってきました [レシピブログ]

ハウス食品のスパイスイベント、
この日は、かな姐さん、ヤミーさん、ちょりママさん
vivianさん、武田真由美さんもご一緒!
ハウス食品の新製品の試食もさせていただきました。

基本合わせるだけの野菜シリーズから、
チョレギサラダ
野菜.jpg
スパイスとごま油をあえておき、そこにサニーレタスを混ぜるだけ!
IMG_0012.jpg
ハウスの開発者のお姉さん自ら実演。
ちょっと唐辛子のぴりっと胡麻油の香りでボール一杯食べられます(笑)
試食さ.jpg
次のテーブルはお肉系スパイス
肉スパイス.jpg
鶏肉を使った怪味チキン

スパイスと醤油、ごま油を混ぜておき、炒めた鶏肉に最後にあわせて蒸し焼きにします。
肉試食.jpg
この怪味チキン、花椒や唐辛子が食べると後からぴりっときます。
お弁当なんかにもいいなあと思いました。
試食には一緒にローズマリーチキンもいただきました。
こちらは振りかけて焼くのみ。簡単なのは嬉しいです。
ローズマリーの香りがすごく良くて白ワイン欲しくなるねーと
わいわい試食(笑)


最後のテーブルはエスニック系スパイス
エスニック.jpg
作っていただいたのはガパオ。これ大好き。
刻んだタマネギとパプリカを鶏挽肉と共に炒めて、
醤油、スパイス、砂糖を混ぜた合わせ調味料で味付け。
既に魚醤などのエスニック系調味料が入っているので炒めると
なんともアジアな香り漂います。
IMG_0007.jpg
仕上げに目玉焼きとバジルを飾って出来上がり。
がぱお.jpg
試食用の目玉焼きは鶉のたまごで作って下さいました。かわいー
IMG_0010.jpg
このエスニックシリーズ、トムカーガイや、ヤムウンセンなどもあって
私はこちらにだいぶ心惹かれました。

スパイスを個別で買うとあっという間に賞味期限が来たりするので、
こうした使い切りタイプもとても便利だなあと感じました。
ハウス食品さん、ありがとうございました!
春のスパイスイベント
春のスパイスイベント

nice!(1)  コメント(0) 

サントリー"GOLDEN ALE" [レシピブログ]

頂いたサントリー”ゴールデンエール”

大好きなパクチーサラダで。
goalden.jpg
このパクチーサラダ、新玉ねぎ1こを軽くさらして水気を切り、
パクチー1束のざく切りと合わせます。
豚ひき肉を炒めてナンプラーとレモンで味付けしてさらに合わせて
煎り玄米も一緒にまぜまぜ。

濃いめのしっかりした味付けに、このゴールデンエール
食欲そそります。
クラフトビールシリーズ、どのビールも華やかな香りですが、
こちらのビールは、確かに白ワインを思わせる後味。

美味しかった!ごちそうさまでした!

nice!(3)  コメント(0) 

サントリー"PALE ALE" [レシピブログ]

続いてはクラフトセレクトの中からペールエール。

ローズマリーを刻んで入れたパン粉をのせて焼いたオーブン焼きと。
らむびーる.jpg
パン粉とローズマリー塩こしょう、チーズ、つなぎのマヨネーズほんの少し、
オリーブオイル少々を混ぜて、塩で下味を付けたラムにマスタードを塗ってから
のせています。
 
230度オーブンで15分〜18分くらいだったかな。
私はラムはしっかり目に焼いたのが好きなので、もっとレアが好きな人は
調節してみてください。

どのビールにしようかと相談したらペールエールかなという事で青い缶を開けました。

こちらもまたフルーティな香り、飲んだ後かすみ草のような香り!
ラムの香草パン粉の香ばしい感じと相乗効果でとても相性良し。
美味しかったです!

↓参加してます よろしければ、ぽちっとお願いします!

nice!(7)  コメント(2) 

サントリー”WEIZEN' [レシピブログ]

サントリークラフトセレクトビールのセットをいただきました。
Amazonで頼んで翌日配送。はやいですAmazon。

ちょうど春キャベツが届いたので白いロールキャベツといただきました。
ろーる.jpg
こういうクラフトビール、我が家はパパが大好きなのでよく買いますが、
このヴァイツェンも飲んだあとにすごく華やかな香りが残ります。
ビールの苦みも強くはないし、クリーム仕立てのロールキャベツと合わせた事で
やさしい味わいでした。

次回はラムと合わせたペールエール便りです



↓参加してます よろしければ、ぽちっとお願いします!

nice!(2)  コメント(0) 

涙の出ないタマネギ「スマイルボール」 [レシピブログ]

涙の出ないタマネギ「スマイルボール」のイベントに行ってきました。
IMG_2155.jpgちょっと前にテレビでもやっていたのでへえ〜と思っていたのですが
この玉ねぎを開発したハウス食品さん、20年もの歳月を費やしておいでです。

もともとレトルトのカレーを作っていて、玉ねぎとにんにくを
炒めていると緑色に変色する(私も体験したことある!)と、
商品にならなくなってしまうことから、何故だろうと始まった研究。

10年以上を経催涙成分合成酵素(涙の出る成分)を作り出す化学反応
を起こす酵素の発見、ネイチャーにも掲載されたそうです。

さらに仕組みの研究は続き、2013年にはあのイグ・ノーベル賞を受賞
IMG_2194.jpg
「玉ねぎが人を泣かせる生化学的なプロセスは、科学者が考えていたより
複雑であることを明らかにした」というのが受賞理由なそうです。
IMG_2179.jpg
玉ねぎを知り尽くした博士達の熱弁のあと
実際にその玉ねぎの生産者の方のお話。
イグ・ノーベル賞をもらった玉ねぎを作ります!と奮闘されています。
しかしながら、芽が出そろわなかったり、大きくならなかったりと
まだまだ苦労を重ねられている様子。
実際、今伊勢丹で数量限定で売られているスマイルボールは
中玉2個入りで450円とちょっとお高い。
大量生産でないので今は仕方の無いことですね。

ヤミーさんが登場してスマイルボールを使ったお料理を作ってくれました。
IMG_2183.jpg

実際に私達もスマイルボールをカット体験したのですが、
確かに全く目にしみません。
しかも食べてみるとすごーく甘い!

IMG_2193.jpg
玉ねぎと鱈のポテトサラダ
茹でたジャガイモと鱈を白ワインレンジ蒸しを粒マスタード、ワインビネガー
オリーブオイル、塩で和えたもの

玉ねぎカップのカクテルサラダ

小さな玉ねぎを半分にカットしくり抜いて中に、
かにのほぐし身、ゆで卵、むきえびとミニトマト、
マヨネーズ、ケチャップ、レモン汁ウスターソース
で和えたものを入れています。

玉ねぎとハムの和えるだけパスタ
その名の通り、玉ねぎとハムと茹でて水洗いして水を良く切った
カペリーニにパセリ、オリーブオイル、レモン汁、塩で和えたもの。

どれもさらしたりせず、刻んでそのまま、カクテルサラダに至っては
生の玉ねぎカップをそのまま使います。

IMG_2191.jpg

試食にはパスタとカクテルサラダをいただきました。
切ってそのまま食べても辛くないので
玉ねぎの成分はそのまま丸ごといただけるのが何と言っても
素晴らしいところです。
ほんと美味しかった〜


レシピブログの「涙の出ない魔法のタマネギを体験しよう♪
イベント参加レポート
【参加者募集】ヤミーさんも参加!涙の出ないタマネギ体験イベント
【参加者募集】ヤミーさんも参加!涙の出ないタマネギ体験イベント

nice!(8)  コメント(0) 

リプトン『紅茶とひらめき朝食を体験しよう!』イベント [レシピブログ]

『紅茶とひらめき朝食を体験しよう!』イベントに参加させていただきました。
IMG_2106.jpg

私は朝に必ず紅茶を飲むのですが、リプトンの紅茶は残念ながら普段は
飲んだことがありません。
あまりスーパーなどでも手が伸びたことはなかったのですが、
リプトンのブランド担当者の方のプレゼンを聞いて
今まで思っていたイメージと随分違うなあと感じました。

ピラミッド型のティーバックを採用し、ティーバックでも最大限美味しさを
引き出せることや、季節によっても味の変わる茶葉をブレンダーの方が
季節に応じてブレンドし変わらぬ味を提供していることなど、
とてもこだわりのあるブランドでした。

今リプトンの提案は朝を紅茶で始める生活
爽やかな目覚めと “ひらめき” で一日を始める生活。
紅茶に含まれる「テアニンとカフェイン」には、集中力アップ効果があり、
頭をすっきりさせてくれると言われています。
また「テアニン」には、リラックス効果があるとも言われています。
集中力が高まり、リラックスした朝。そんな朝に “ひらめき” が生まれる。

IMG_2117.jpg

人は1ヶ月で行動が変わる。
3ヶ月で習慣が変わる
そして6ヶ月で「生き方が変わる」

確かに続けることは大事なこと。
朝、紅茶を淹れて朝ご飯にひと工夫、家族も喜び、一日が気持ちよくスタート。
ん〜素敵な響きだわ。

今日のゲストのvivianさんがひらめき朝食を作ってくださいました。
朝から、海苔を切ったりとか無理なんで〜、フルーツをカットするだけの
簡単朝食です。と可愛らしく魚をデコしたのワッフル。
IMG_2131.jpg
後で各テーブルにカットフルーツとワッフルが配られ、
私達もデコさせていただきました。
IMG_2147.jpg
リプトンが提案する "Tea Way" という生き方は
紅茶を飲めば、クリエイティブで前向きになり、
気づかなかったことに気づくことができる。
そして笑顔になり、まわりの誰かも笑顔にして、
人ともっとつながることができる。
というもの。

紅茶を飲むというということをきっかけに
そんなルーティーンができる余裕を持ちたいです。


ひらめき朝食レシピ体験イベントレポート公開中
ひらめき朝食レシピ体験イベントレポート公開中

nice!(3)  コメント(2) 

沖縄もずくクッキングセミナー [レシピブログ]

沖縄もずくクッキングセミナーに参加させていただきました。
IMG_2042.jpg
もずく、はっきり言ってあんまり食べた事無い(笑)
健康に良いって何となくイメージはあるけど

実際セミナーを受けてみてなるほど!と思う事ばかりでした。
もずくにはフコダインが沢山含まれていて、血中コレステロールの
上昇を抑える効果があるということ。
わかめや昆布などよりダントツで多いそうです。
それは嬉しい効果!ですが、もずく酢くらいしか思い浮かばない私に

神の降臨

南青山のフレンチレストランL’ASの兼子大輔シェフが
レシピを考案してくださいました。

まずはモズクドレッシング

IMG_2050.jpg
作りやすい分量450ccの瓶1本分

もずく 150g 3cmくらいに切る
玉ねぎ      50g みじん切り
グリーンオリーブ 50g 輪切り
コルニッション  20g 輪切り
ケイパー    10g  みじん切り
レモン汁    30g
オリーブが漬けてあった汁 100g
イタリアンパセリ 刻む

全ての材料を混ぜ合わせて1日寝かせる。

これだけ!なのに、このドレッシングめちゃくちゃ美味しかった。
早速作って翌日お客様に出したらとても好評でした。
トマトにかけたり、白身のお魚なんかも美味しいと思います。
なにより、今まで捨てていたオリーブのつけ汁がこんな風に
使えてしかも美味しい事を知って驚愕!
確かにオリーブの香りが付いていて美味しい。
これからは捨てません!

もうひとつはモズクラー油

IMG_2059.jpg
にんにく、鷹の爪、ねぎ、豆板醤をごま油をサラダ油で割ったもので
炒めて香りがでたら、弱火で3分。
火から下ろして、冷めたら3cmくらいにカットしたもずくと白ごま、
砂糖、醤油を加える。
もう一度一煮立ちさせると日持ちが良いそう。

もずく 150g
にんにく 20g
長ネギ 20g
鷹の爪 2本
ごま油 80g
サラダ油 30g
しろごま 3g
砂糖 6g
醤油 35g

お豆腐にかけていただきましたがこれもとても美味しかったです。

もうひとつ、もずくの佃煮
IMG_2061.jpg
もずく 150g
醤油 50g
みりん 30g
砂糖  20g
水 125g
鰹節 2g

1.のもずくは1cmくらいに刻む。

2.全ての調味料を鍋に入れて一煮立ちさせたらもずくを入れ、
 強火で一度沸かす。

3.弱火に切り換え、水分が少なくなるまで煮る。
IMG_2057.jpg
これは海苔の佃煮とは違い、モスクのぷりっとした食感が
とても美味しい佃煮でした。
ご飯たべすぎ注意な佃煮です(笑)

最後にもずくクッキー
IMG_2077.jpg
はじめ、えーーー!わざわざクッキーにしないでもって思ったのですが
食べてびっくり、塩味のきいた美味しいクッキーでした。
アイスボックスタイプで作ります。

もずく 100g
薄力粉 150g
バター 50g
グラニュー糖 45g
塩  2g
卵黄  1個

1.バターをポマード状にし、砂糖と塩を加えしっかり混ぜる。

2.卵黄を1に加え更にまぜ、薄力粉を加えて混ぜる。

3.細かく刻んだモズクを加えよくまぜ、ラップに包んで棒状にする。
 冷蔵庫で冷やし固める。

4.固くなったら5mm幅にカットし、180度のオーブンで25〜30分焼く

モズクの水分はしっかり切るのがポイント
生地をカットするときはラップのままカットして後からラップをはがす方が
やりやすい。
冷凍しておいて、食べる分だけカットして焼いてもよい。
IMG_2071.jpgもずくが入っているって主張がなくて
一瞬何が入っているのかわからないなあというのが第一印象
塩味が効いているのも美味しいのかな。

ドレッシングもラー油も佃煮も日持ちするので作っておくと便利なものばかり
兼子さん、レシピグログさんに感謝です。



↓参加してます よろしければ、ぽちっとお願いします!

nice!(11)  コメント(8) 
前の10件 | - レシピブログ ブログトップ